新型コロナウイルスのメリットを考えてみた【暗いニュースにはうんざりだろう?】

2020年から引き続き猛威を振るっている新型コロナウイルス。

「東京で1日2000人が新型コロナウイルスに感染」

「有名人の〇〇がコロナウイルスに感染」

「緊急事態宣言により飲食店が20時までに」

「コロナショックにより個人の飲食店が次々と閉店」

 

などなど、連日ニュースではコロナウイルスの悪いニュースばかり。

 

それは事実ではあるので仕方がないことではあるが、

そんなニュースばかり見ていたら気分が暗くなってしまうではないか。

こんな時代だからこそみんなが前を向いて頑張らなければならないのに

暗いニュースばかり流すのもどうかとは思わないだろうか?

 

そこで、少しでもあなたの気分をあげるために

「コロナウイルスによって良い方向に向かった部分」「コロナウイルスが流行ったメリット」

あげていこうかと思う。

 

この記事を読み終える頃には

「コロナ最高!」となっていること間違いない。

 

新型コロナのメリット1:在宅ワークが急速に発展。会社に行く必要性が薄れた。

今までは、大半の職業は朝会社に出社し仕事をするのが普通だったが、

コロナウイルスによってリモートで作業をすることが増えた。

 

不便だなと思う場面もいくつかあるが、

リモートでも仕事はできてしまうものなんだなと思った方が多いのではないだろうか。

 

つまり、新型コロナウイルスは会社に行く必要性が薄れているということを半ば強制的に証明してしまったのだ。

 

これによって長年議論されていた満員電車問題や

地方過疎化問題の解決の糸口が見えてきたのではないだろうか?

 

新型コロナウイルスのメリット3:家から出なくていい正当な理由を手に入れることができた

これはアウトドア派の方にとってはデメリットでしかないと思うが、

私をはじめ、普段からあまり家から出ない人にとってはそれなりにメリットと感じているのではないだろうか。

 

これは私個人の意見だが、家からあんまり出ない人=外との生活を自ら遮断してしまう社会に向いていない人、

というイメージがあるのではないかと思う。

 

そして自分的にも「たまには外に出て太陽でも浴びないとやばいよな・・・」

と罪悪感を感じる。

しかし、むしろ家から出ないことを推奨している現代においてそんな罪悪感は消えてしまった。

なぜなら家から出なくて良い正当な理由ができたからだ。

 

家族や友人から「たまには外出でもしたら?」などと言われることも無くなったのは私的にはメリットなのだ。

新型コロナウイルスのメリット2:人々の衛生意識が爆発的に高まった

コロナウイルスが流行る前は食べる前に手を洗わない人は結構いたのではないだろうか?

アルコール消毒をする人なんてほぼいなかっただろう。

 

それが今はどうだ。

 

至る所にアルコールが置かれ、お店に入る前には体温のチェックをされる。

 

この徹底ぶりにより、新型コロナウイルス以外のインフルエンザや風邪などをひく人はだいぶ減ったそう。

 

インフルエンザ患者などは去年に比べると爆発的に減ったようだ。

 

新型コロナウイルスのメリット3:マスク美女が増えた

これが個人的には一番大きい(聞いてない)。

マスクが日常生活における必需品となった今の日本。

かわいい子の表情が読み取りづらくなってしまったことは大いに残念であるが、

街を歩いていて美女が増えた。

 

控えめに言って最高ではないだろうか?

どうせその場をすれ違うだけの人なのだから

マスクの中身を想像してがっかりする必要もない。

 

最高である。

 

まあ今私が言っていることは最低なのだが。

 

新型コロナウイルスのメリット4:肌荒れや無精髭などを堂々と隠せる

マスクをしていないと後ろ指を刺され、非国民と罵られ、Twitterやインスタにて親や住所とともに顔を晒されるような現代日本では、どこに行くにも何をするにもマスクはしていなければならない。

 

なので、肌荒れしていても堂々と隠すことができる。

髭を剃らずに数日過ごしていても誰からも指摘されることなく過ごすことができる。

 

ズボラで日常の行動すら全く習慣化することのできない私にとっては非常に好都合。

 

あなたもマスクによって助けれられている面が少なからずあるのではないだろうか?

 

まとめ

いかがだっただろうか?

 

デメリットとメリットは表裏一体だ。

物事には悪い面があれば良い面も必ずあるものだ。

 

暗い部分にだけ焦点を当ててズーンと重い気分になるのではなく、

明るい部分を少しでも探して見る方が幸せに過ごせるのではないだろうかと思う。

 

この記事が少しでもあなたの気を楽にできたのならば幸いである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました